頻尿は、トラブルや病気の原因となることも!

あなたは日頃の生活で頻尿が気になることはありませんか?一般的に「頻尿」とは、一日にトイレに立つ回数が極端に多い症状を指します。

昼間に10回以上トイレに行くという方や、夜寝ていても何度もトイレに起きてしまうという方は、注意が必要です。頻尿は、そのものが病気の症状のひとつとして現れる事があります。

具体的には、排尿筋が過剰に収縮することで起こる「過活動膀胱」や、男性にのみ起こる前立腺肥大などです。また、女性特有の症状として、加齢による尿モレが気になることもあります。

そのような場合は、まずは原因となる病気や体の状態を治癒・改善する必要がありますから、ぜひ一度病院で相談してみましょう。決して恥ずかしいことではありませんし、悩んでいる方は意外と多いものですよ。

また、病気が原因でない場合も、頻尿を長く放置しておくと病気に繋がってしまうことがあります。トイレに行きたいのに我慢を繰り返していると膀胱炎になることがありますし、夜間にトイレに行くことが多く睡眠障害が生じていると、鬱などに繋がることも。

尿モレも、出掛け先で間に合わないなどのトラブルが起こる可能性や、外出が怖くなってしまうこともあります。気になったら、早めに治療や頻尿対策を始めることが大切です。

 

尿管結石の一般的な恐怖心

一般的に尿意という現象が来るタイミングは、膀胱に150mlたまったら来ると言われています。

しかし、頻尿と呼ばれる病気はその規定の量に達してないにもかかわらず、尿意がきてしまい沢山トイレに行ってしまいます。そのような場合病院に行き、検査をすることが早期発見につながると言われています。

その結果、膀胱炎や尿管結石のような病気によって起こる頻尿という可能性もあり、頻尿は全てに人にとって大きな恐怖心を仰ぐものだと言えるでしょう。

尿管結石は誰でもかかってしまう病気であるため、一人一人が気をつけなければいけない病気の一つでもあります。また、頻尿の原因は病気だけではなく、日々のストレスによっても起こってしまう可能性があります。

会社でのストレスや電車の中による長時間の我慢などでも発症する恐れがあります。治すためには、毎日のチェックが重要となり、多大な時間と記録が必要となります。

皆さんが、毎日ケアをすることで病気にかからない体を作っていくことが大事になります。

カテゴリー: 大人の頻尿 パーマリンク